ブラックジャックによろしく

screen_bj_1

screen_bj_2

 icon_free_read icon_appstore

 icon-comment あらすじ

病院や社会が抱えている矛盾や医療問題、救えない命に苦悩しつつも一人の医者として大きく成長していく研修医の物語。

名門「永禄大学医学部」の卒業生である斉藤英二郎(25歳)は、医者としての理想を抱きながら永禄大学附属病院で研修医として働くことになる。

医師になるには医師免許を取得してから2年間、医療現場の指導医の元で臨床研修を受ける必要があるからである。

しかし、研修医の月給は3万8千円。
このままでは生活を維持できない栄二郎は、夜間救急の当直医のアルバイトをすることとなるが、
そこには栄二郎の理想とは大きく懸け離れたは、日本の厳しい医療事情があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です